不妊症

当院は男性、女性共に不妊治療の施術も行っております。

当院の不妊治療

当院の不妊治療は、自律神経を整え(交感神経を抑制)ホルモンのバランスを良好にし、卵巣や子宮の血流を増加させ、採卵数をUPし、着床率を上昇させる事を主な目標として行っております。

当院の不妊治療
  • 卵巣から卵子が排卵される。
  • 卵子と精子が卵管内で出会い受精する。
  • 授精卵が卵管内で成長しながら子宮に向かって移動する。
  • 子宮に達した受精卵が子宮内膜に着床する。

※妊娠は以上が問題なく行われて妊娠となります。

排卵はホルモンの影響を大きく受けており、また、ホルモンは自律神経の調節によって分泌され、ストレスなどにより自律神経が乱れると排卵が上手く行われず、それにより不妊の原因となる事があります。鍼灸は自律神経に作用する働きがあり、妊娠しやすい身体に整えてくれる効果があります。
また、卵巣の血流を上昇させる事により採卵数が上昇したり、子宮内膜を厚くすることで着床率を高めたりと様々な報告がされています。

ストレスの軽減効果

ストレスがたまると交感神経が優位になり、睡眠障害が起きたり、ホルモンのバランスが崩れてしまいます。
睡眠と不妊との関連性は不妊クリニックに於いても問われており、妊娠しやすい身体作りには大切な部分です。
鍼灸は、交感神経を抑制させ、副交感神経を優位にする働きがあり、睡眠障害にも効果が期待できます。

卵巣内の血流上昇効果の一例

鍼灸治療を4か月以上継続をすると、卵子の質の低下が問題となる40歳以上の方でも、胚盤胞まで成長する卵子が採卵出来る確率が高くなることが分かった、との報告があります。

31歳女性

排卵が早く高温期も短い為、周期も短かった状態から少しずつ排卵時期・高温期が長くなり、周期が安定!自然妊娠が出来ました。

32歳女性

多嚢胞性卵巣で、3か月間生理が来なかった私が、定期的に排卵するようになり、妊娠致しました。

38歳女性

AMH0.1以下、FSH高値、月経も薬で来ていましたが、自然と月経が来るようになりました!採卵も可能になり、その後妊娠も出来ました♪

36歳女性

今まで胚盤胞まで培養出来なかったのに、鍼治療後、卵が胚盤胞に育ち、移植、妊娠まで出来ました。

子宮内膜増殖効果の一例

子宮内膜の形状障害に対して約75%が形状改善、その後42.1%に妊娠が認められたとの報告があります。また、鍼灸治療をすることで、子宮内膜に影響する子宮放射状動脈では約7割、胎児の発育に影響する子宮動脈で約9割の血流改善が認められたとの報告があります。

©神谷総合治療センター